読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遣唐使の中国放浪記

2015年4月より中国に来ている筆者の旅行記

チベット周遊記①(西寧)

2年間とだいたい決められている遣唐使派遣期間がそろそろお尻を見せ始めている。さて、2017年春節が最後の大型連休になるということなので、掲題の通り、トータル9日間にわたる大きな旅行に行ってきた。

結論から先に言うと、俺史上最高の旅になった(2月3日現在)わけである。

実は、チベット旅行、この数ヶ月で思いついたというものではなく、足掛け6年になる壮大な計画なのである。商社という訳の分からない会社に入り、商社と言えばやっぱり秘境だろう、と夏休みの計画を立てていた新入社員のあの頃、いやはや、若かった。結局彼女(現嫁)と沖縄とか行ったんだっけ。その時買った地球の歩き方チベット版を本棚から探し出し、しっかりと持ってきていたわけである。

1月28日(土)西寧到着
興奮して寝られないとか、最近寝れないのは仕事のストレスだけだったから、こういう感覚はほんと久しぶりで、ちょっと嬉しい。地下鉄で広州白雲空港へ。春運を見越して早めに来たんですが、乗り継ぎ地点の長沙が天候不良で死んでいるだと・・・?朝イチの飛行機で遅れるってどういうことだってばよ。無事4時間遅れで、西寧曹家宝空港に到着。うーん、寒い。広州20℃→西寧10℃は流石に答えますわ。市内に移動し、同行者となる同僚と合流。
晩御飯は同僚はリサーチしていた炕鍋店へ。羊肉串串を頼みつつ、メインの石焼き鍋へ。今回の旅行は食への期待が異常に低いのもあったが、それ以上にうまい。飯のあとは街を散策。寒い。北方の気候を舐めててジーパンとかで来てしまったから、通気性が抜群である。同僚らも相当堪えた模様で、早々にホテル(新華聯国際公寓中心)に戻り、晩酌。以降の旅程を考えて酒量を減らしていくわけだが、結局皆高山病でほとんど飲めない旅になってしまった

(②へ続く)