遣唐使の中国放浪記

2015年4月より中国に来ている筆者の旅行記

娘の卒園

嫁の転職&弊の引っ越したい欲求により、帰国1年で東京都内への引越となった。弊員、実に人生で10回目の引越である。結構メモリアル感がある。

おかげさまで、娘も一緒に引っ越すことになり、昨夏から通っていた保育園を卒園することになった。元々2歳児クラスまでの小規模な保育園だったので、1年早まっただけのことではあるし、足掛けくらいのつもりで、家の近くの保育園に転園申請とか出していたので、強い思い入れがあったというわけではない。

でも、いざ卒園となると、すごく感傷的になってしまっている。勿論、2歳児の娘ではなく、弊員である。

思えば、雨の日も、寒い日も、雪の日も(※秋から通っていたので、思い出が冬に偏っている)娘を連れて自転車で通ったし(※厳密には冬から車を導入したので自転車は秋だけであるから脚色されている)、朝起きてこない娘を揺さぶって問題を起こしたりとか、娘に泣かれたりとか、本当に色々な思い出がある。後部座席に乗っている娘を見ようとして追突事故を起こしかけたのは本当に秘密。間に合わないと思って前を走る車をパッシングしたり、そのくせ駐車が苦手で時間がかかったり、雪の日に送っていこうと頑張ってこけてスーツに穴が開いたり、一緒に電車で行ったり、雨合羽来ていくことの大変さ、そんな中、後ろにも子供を乗せて頑張っている他のお母さんを見てちょっと勇気づけられたり、歩道の狭さに悩んだり、通学時間の左折右折は小学生の敵なんてことを学んだ、本当に貴重な時間だった。

しんどかったのは本当にしんどかったし、特に車を導入するまでは、冗談ではなく死ぬかと思った、というか、抜けられない暗闇のような感覚でさえあったから、文明の利器ってすごいな、と思った。でも、とはいえ、半年だから、別にそんなに大変ではないし、むしろ、慣れない環境に突然放り込まれた娘の方がもっと大変だったろう。

娘はというと、初めはあまり慣れていなかった。両親ともに人見知り型だし、引っ込み思案っぽいところがあるので、これは予想通りだった。だいぶ経って、保育園の写真とかを見ると、少しは慣れているようだったけど、やっぱり表情が硬くて、家での騒ぎっぷりを見ると、これはもしや保育園では静かにしている反動なのではとか思っていた。まぁこれも大方予想通りではある。半年くらいたって、漸く慣れてきて、先生ともお友達とも顔見知りになってきたころだろう。本人は正直特に何も思わないだろうし、弊だって、2歳くらいに遊んでいた人とか全く忘れているから、人生において然程重大なことではない。どちらかというと、娘を褒めてやりたい。風邪をひいたり、悲しい気持ちになったりしながらよく頑張ったね、偉かったね、と。嗚呼、書いててやっぱりしんみりしてしまった。

弊の考える生き方は動的平衡というか、とにかく動き続けることで安定を保つという考え方なのだけど、このやり方だと生活圏も一か所ではなくなって、結果、家族にも同様の生き方を強いるケースにはなる。こういう生き方はとても刺激的で弊個人としてはとても気に入っているのだけど、娘にはまだ安定とか安心感とかが必要な歳なのかなあ。動的平衡の生き方はピボットを失いがちで、兎に角ベースとなる家族という存在が重要になるのだけれど、そうなると家族の安定性も奪ってしまう様で、本当に、どうしたものかなぁと思ってしまう。そんな卒園間近の夜。